TOP

涙なしでは読めない、五反田風俗の体験談。

五反田デリヘル嬢のおかげでニートからフリーターへ

引きこもりニートだった俺は、あることをきっかけに引きこもりフリーターへと進化を遂げた。五反田の風俗嬢に恋をしたのだ。ニート時代、雀の涙ほどの貯金を使って風俗遊びをした時のこと。「五反田 デリヘル」と検索して出てきたデリヘル店をテキトーに選んで遊んだところ、すごくいい五反田のデリヘル嬢に担当してもらえたのだ。俺はそのデリヘル嬢に恋をした。顔よし、テクニックよし、性格よしの三拍子揃った女の子で、俺はたちまちその子の虜になったんだ。その子と頻繁に遊ぶにはどうしたらいいか俺は考えた。答えは簡単だった。働いて稼げばいいのだ。だから俺はニートを卒業してバイトを始めた。正社員登用もあるところだから、頑張って働けばそのまま正社員になれるかもしれない。そうしたらバイトよりももっと稼げるし、もっとデリヘルで遊べるようになる。頑張って働いて、お気に入りの女の子に振り向いてもらえるよう、指名しまくろうと思っている。

心の隙間を埋めてくれた五反田のデリヘル嬢

大好きなアイドルグループが解散することになってしまった。本当に大好きで大好きで、人生を捧げてもいいとすら思っていたグループだったのに……。特にセンターのAちゃんは僕の全てだった。心にぽっかり空いた穴は何で埋めればいいんだろう……。僕は友人に相談した。すると友人から信じられない言葉が。「五反田のデリヘル店にAちゃん似のデリヘル嬢がいるらしいよ。遊んでみれば?」と。僕は慌ててその五反田の風俗店に電話をかけてみることにした。風俗なんて使うの初めてで緊張したけど、それよりもそのAちゃん似の女の子に会って少しでもこの心の隙間を埋めたいと思った。ちょうどその子は待機中だったとのことで、運よくすぐに派遣してもらえることになった。そしていざ女の子を目の前にしてびっくり。本当にAちゃんそのものというくらい、そっくりだったんだ。声が本人のそれとは違ったのですぐに別人だとわかったが、それでもこの感動は隠しきれない。僕はその女の子と思う存分濃厚プレイを楽しんだ。